2006年01月03日

ナメ

今帰宅。
帰りの新幹線は空いてたぞ

帰り.jpg


31の男10人と飛び入りのおなご3人で飲んできた。

まぁ途中から帰ったり、戻ってきたりの奴とか、2組と混じったり、
ぐっちゃぐっちゃな飲みだったけど
恒例で 2次会はグデグデになるまで飲んだビール


年に一回しか会わないが、これが無いと 年が始まらん。
そして今回自分の中で忘れていた魂を甦らせることができた。


基本 31の男は「ナメられるのが嫌い」「ナメんなよ」
という魂を持っている奴が多い。
運動をマジでやってきて、自分に自信がある奴が多いからかもしれんが

それは仕事においても、遊びでも、そして生き方でも。
鉛筆の先みたいに尖がってて 
仲間内では笑顔満面馬鹿だが、外部に対してピリピリする場面は多いダッシュ(走り出すさま)

飲みの席では顕著だ  
至る所の宴会に絡みに行き、ごっちゃになって飲んでいるが
一歩間違えると 鏡月が空中を飛んでいたり ドッタンバッタンの騒ぎになる

漫画の世界みたいに、肩が触れ合って どーのこーのっつーのが
田舎では本当にある
(これは31連中に限らず、昔のsawaもそうでした)


実際 皆イカついのだが、筋が通ってるので それもまた良しと思えてしまうのだ

鉛筆ってだけあって 芯がある。 芯が通ってる。
自分の生き方、考えに妥協しない
若干 矛と盾な面もあるが、男としてかなり魅力的な奴が多い

そんな奴らに久しぶりに触れ合って気づいた。



弓みたいに自分のスタイルを貫いて
他人にどー言われようと、思われようと
関係無いじゃろって心から言える奴もスゴイ それは本当に魅力の一つ


ただ俺は同じように自分のスタイルを持っても 
「ナメんなよ。」って考えるタイプじゃなかったか?

それを忘れていた。完全に。
無駄に丸くなっていた気がする
関係無いって思えないのに、思おうとしていた

別にケンカをするって話じゃないよ
仕事とか 生活の面においてね 自分に対して相手に対して、さ

特に会社においてはそう感じる。
無駄にビビって自分のスタイルもクソもない状態だ

だから気づいて良かった。入社する前で


ちょっと今年は俺らしく生きてみようと思った
そんな帰省でしたね。


PS。
静岡の正月の居酒屋は 本当にジャングルみたいだ。
こっちとは明らかに雰囲気も人も違う。

猛獣みたいにタチの悪い奴らがウヨウヨしてて、
一歩踏み間違えると上に書いた通りの展開がそこらで起きる。

今回は若干危ういシーンもあったが
御近所の宴会さんともフレンドリーで平和でした

皆平和にいこーね ほんとさぁ。
posted by おー at 10:21| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ず、随分アグレッシブな友達が多いのね(^ω^;)
まぁ楽しかったっぽくて何より。

9日に行いこうかし。昼間オケー?

Posted by ヴぃ at 2006年01月03日 11:15
うんOKOKよ!
Posted by 味噌ラ at 2006年01月03日 17:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。