2006年01月11日

ちゃっぴー

まず 冥福を祈る。


チャッピーは隣家のワンコ犬
俺がよく話する隣の双子んちのワンコです。

先ほどじむと電話して、事を知ったさ
去年の夏にウチのマルクが死んで まぁ歳も近かったし
二匹であっちの世界に行ってしまいました
近所のワンコたちも行っちゃったしね


マルクは俺に擦り寄ってきたりしなかったし、俺を下に見てたから
可愛がるよりは 友達感覚だった。おかんと兄貴はかなり可愛がってたけど

俺が実家に帰っても「おぅっ!久しぶり。」てな感じで吠えるだけだし
俺もそんな感じ 

そんな俺でも泣いたくらいなので、
チャッピーを溺愛していた双子の悲しみ様は計り知れませんねぇ。


4丁目は 
若い奴らがどんどん出ていって 
今度はワンコ達が次々といなくなって 寂しくなるなぁ


↓マルクのジジィ時代です。弱りかけの頃かな

マルク.jpg
posted by おー at 02:50| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おーちゃんにはいつもチャッピーのことを毛並みがきれいだって褒めてもらってたな。
チャッピーにもおーちゃんが褒めてくれてたぞって言っておいた。
帰ったときにいつもいるはずの存在がないってのは寂しいなぁ。
でもきっとマルクもチャッピーも向こうで元気にしていると思うからそれで十分だね。
Posted by じむ at 2006年01月11日 10:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11563361

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。